ようさんのブログ

なんでも。

二重まぶたをやめたら、人生変わった。

私はもともと一重まぶたです。(男)中学生くらいから二重に対して憧れをもっていました。

 

そんな中、自分の特技で、昔から二重まぶたにもすることができたので、それを遊びでずっとやっていたらうっすら変わってきて、片側が自然と二重になってきました。

 

これ続けたらなれるかも?と思い、それにあわせて、不自然ながらも、片側も意識して二重の状態をキープし続けました。

 

その状態で数十年も生きてきましたが、さまざまな弊害があったことに最近きづいたのです。

 

実際のところ、二重になったのではなく、キープし続ける状態になれてしまったのだけで、意識をしていないと、一重になるという状態。

 

だから、何をするにも目のことを気にしながらになってしまい、いろんなことに集中できなくなりました。

 

人と話すときも、一重にならないよう注意しながら話していたし、できる限り人目を避けるようになっていました。瞬きも不自然。自分の目がどう見られているのかがとにかく気になる。いろんな人が自分をにらんだような目で見るようになっていたけれど、今思えば、自分がにらんでいたから、相手もそういう顔だったんだということがわかりました。

 

そもそも天然の二重まぶたではないので、目が鋭くて人が寄ってこないのです、怖くて。実際、目が怖い、きついといわれたこともありましたし、あまりメリットはありませんでした。

 

20代後半に差し掛かり、もう二重まぶたを意識するのはやめよう、と思い、スパッと一重まぶたに戻しました。

 

戻したとたん、いろいろ明らかな変化が起きたのです。

 

人が私を見る目つきが優しくなったこと。人からたくさん話しかけられるようになったこと。相手の話をしっかり目をみて注意深く聞けるようになったこと。人間関係に対して積極的になれたこと。

 

こういった経験から、目は口ほどものをいうといったことわざはまんざらでもないなと体感しました。

 

整形してしまった人は仕方ないとして、アイプチやメザイクで無理やり二重にしている人は、一度一重に戻すことでのポジティブな変化があるかもしれません。自分の顔に生まれながらについた目が一番ベストな状態であることに気づくことでしょう。

 

 

 

 

 

20代後半にして、親の介護問題に直面した。

20代のうちは、親はずっと元気でいてくれる、となんの根拠もない思い込みをしがち。私もそんな気持ちでずっといた。


しかしながら、その思い込みは20代後半にして打ち砕かれる。

ついこないだまで健康そのものであった母親の両腕が不自由になってしまった。原因不明の難病のよう。


そのため、産まれてきた孫も抱っこできず、家事も満足にできず、不便な生活を強いられている。


幸い、息子である私はUターンで実家近くで働いているので、色々とサポートができる。


きっと母親がこのような障害を負ってしまったのも、私が酷使させすぎたのもあるのかもしれない。


決して裕福ではない中、色んな仕事を掛け持ちして、大学までやってくれた。母の体は気づかないうちに少しずつ蝕まれていたのだろう。


だからこそ、私は全力でサポートをしていく決意をした。今の生活があるのも母がここまで育ててくれたお陰だから。





DIYをやってみて気づいたこと。

結婚して8ヶ月目。しばらく賃貸していたボロ家から退去することにしました。散々DIYをやってしまいましたが、戻せるところまでは戻して、原状回復。(特に義務はなく、好き勝手やってよいということでありましたが。)

 

特に、大幅な変更を加えてしまったのは、畳の部屋の一部。畳を引っぺがして、ツールボックスで購入した足場板を丸のこでカットし、ボンドで貼り付けました。色もちょっと焦げたような雰囲気にして、まるで古民家カフェみたいで雰囲気は良かったのですが、しばらく住んでみて問題発生。

 

とにかく冬がすごく寒い!もともと寒冷地というのもあるのですが、非常に寒い冬を過ごしました。足場板の隙間からひんやり風が入ってくるので、暖房費なんかは2万オーバーは当たり前でした。マンションとかならまだ良いかもしれませんが、これから古民家をDIYするようなことを考えている人は、よく考えてからDIYを取り組んだほうが良いのかもしれません。

 

結局、家は環境面で考えると、(高価な設備等は抜きとして)素のままが一番ベストな状態ということをまず理解しておくことが大切です。家は建てる前に、設計した人が色々と環境への影響や、生活のしやすさを考えたもの。一度はがした畳を戻した時の暖かさといったらかなり違いました。最初はただ畳が嫌だなと思っていたのが、この家には畳が似合うなと、最初の頃と見方が変化しました。施工が下手、上手は多少あるかもしれませんが、素人がやる以上は、ほとんどがDIYはかっこよさプラス、環境はマイナスになる、ということを実際にやってみて体感したことですし、素のままを生かして、大きな変更を加えず、小さなアップデートにとどめておいたほうが、暮らし的には良いのかなと思っています。

 

しかしながら、DIYスキルは身についたので、生活の知恵として、今後も生かしていきたいと考えています。

35年ローンを組んで家を買うことを諦めた理由

結婚する、というのは非常に恐ろしいです。何が恐ろしいというのが、結婚を機に、その生活にまつわるものを勢いに任せて済ませたいという気持ちになってしまうからです。具体的には、結婚式→家→子供という流れを終わらせて、気持ちを安定させたい、ということ。これは特に地方で暮らす人には顕著であり、何となく当たり前な風潮があります。本来は自分たちの人生であるのに、よく考えもせず、結婚したら結婚式するのが当たり前、家を建てるのが当たり前、子供はすぐ作るのは当たり前と思いながら、トントン事を進めてしまうことはいかがなものかと思っています。特に私たちなんかも、結婚の話がもちあがった時には、話が盛り上がりすぎて、結婚の勢いにまかせて、もう家建てちゃおう〜!みたいな話になり、ほんとローン直前の話にまで発展したのだけど、土地の取得がなかなか話が進まず、結局諦めることとなりました。その間に、気持ちも冷めてきて、夫婦で、あの時はどうかしていたね。っていうくらいになってしまいました。冷静に考えれば、収入レベルはとても低いですし、返さなければいけない借金(奨学金)があること、実際に結婚生活を始めてみて、色々と生活コストがかかること、わりと古い家に住む(賃貸している家)のも案外快適ということに気づいたのです。
今は、親世代と同じことをしていたら破綻をしてしまいます。本当に今すぐ家が必要なのか、今一度冷静に考えたほうがいいでしょう。もっとお金ね貯め方、使い方を見直すことから始めて、生活力を身につけてからでも良いのではないでしょうか。

ぼろ家での暮らし

今、夫婦でボロい空き家に住んでいます。(築30年)


賃貸で2万5千円ほどで住んでいるので、安く広くで、冬になるまでは、快適に暮らしてきたのですが、冬に入り、たぶん、普通のことではないかと思われる現象が多く起きています。


まず、土地柄、平気で日中もマイナスなので、朝窓がバリバリに凍っています。カーテンが毎日くっついているので、剥がすのがルーティンワーク。寒冷地なのに窓ガラスが薄い。


あとはお風呂に入るとき、風呂桶とか椅子が凍って張り付いています。なので、毎日裸で白い息を吐きながら凍ったものを剥がし、風呂に入っております。シャンプーやボディーソープもポンプが凍ってでないのです。だからそれらを温めて、溶けるのを待ちます。毎日ヒートショックで死ぬのではないかと不安な日々を過ごしています。


寝るときも、白い息をはあはあしながら寝ます。マイナスなので、冷蔵庫よりも寒い中。ほんと家中寒いのです。


でも、妻はおかしなことに、薄いロングTシャツ一枚で寒がることもなくスヤスヤ寝ています。私は4重くらい着ているのに。


しかしながら、この厳しい環境が良いのか、夫婦ともに未だ風邪を引いたりしてません。このくらいの不便さも慣れると普通になってしまうものですね。

妻がどうしてもあれをツルツルにしたいと言うので。

私のかかとはバリバリで乾燥しています。触ると鋭利なかさつき具合で、かなりひどい状態です。ただ私はガサツな人間なので、大して気にしていませんでした。




そんなある日、妻が突然、かかとを削るアイテムを買ってきたのです。あ、乾燥する季節だからかかとのケアするんだねーマメだね。と思っていたのですが、妻のかかとではなく、私のかかとをやりたい、と言いだしたのでした。





どうも話しを聞くと、ずいぶん前から気になっていたようで、どうしても削ってやりたい気持ちが抑えられなくなったよう。





そんなにやりたいなら、と私は床に寝転がり、妻のほうに足の裏を差し出しました。





ガリガリガリ....。ガリガリガリ...。







結構気持ちいい。ラジオから流れるお洒落な曲を聴き、柔らかいクッションに頭をやりながら、のんびりと夫婦での何気ない日常に浸ってしまいました。





ついに妻が夢にまで見ていたツルツルのかかとになることができました。かかとから出たカスの量は尋常じゃなかったですが、見えないところもしっかりケアしようと少し思ったのでした。

子作り、はじめなきゃね。

結婚してからようやく半年が過ぎました。子供が欲しいという程で結婚をし始め、本来ならもう子作りを始めているはずでしたが、思った以上に結婚生活が楽しく、妻を色々と遊び連れてっているうちに、まだこのまま二人だけの時間を楽しむか〜って気持ちになってしまいました。



しかし、子作りをいざすると考えると、避妊しないでどのくらいの期間で子ができるのかなんてトライしてみないと分からないのです。



子供のできた友達にラインでどのくらいでできた?って聞くわけにもいかないし、聞いたところで参考にならないです。



子作りを始めるタイミングは決められるけど、狙った年齢で産めるという保証はありません。すぐできるかもしれないし、何年もかかるかもしれません。



仮に子供ができたとしても、産まれるのはおよそ一年後ですので、プラス一歳後。だから付き合いはじめ〜結婚〜出産に至るまでの過程って結構な大イベントなんだなとつくづく思います。結構周りにトントン事が進んでいるのを見ると安心するかもしれませんが、それはたまたまであって、自分達もスムーズに事が進むといえば別の話です。



まあ結局は、子は授かりものってことなので、予定通りいかずとも、焦らずトライしてみようかと思います。



とりあえず、その前に妊娠や子育ての本を買いました。命をつくる大事なことなので、予備知識をつけてから頑張ります。