ようさんのブログ

なんでも。

源泉徴収税額を一から計算してみた

タイトルの通り、私の源泉徴収税額、つまり、所得税額を計算してみたいと思います。


まず、会社から貰った源泉徴収票を用意し、源泉徴収税額を確認。


源泉徴収税額:75000円


この数字がどう導かれたのか、計算してみましょう。


①収入:3629985円(安月給。残業はゼロ)


②給与所得控除額(収入から所得を算出する)

これは、収入の範囲によって、所得額が決まっています。私の場合、3628000〜3631999円の範囲なので、給与所得控除後の金額は、2362400円となります。(計算もありますが、早見表を見ました。)


③所得控除の額の合計額を出す。


所得から引けるものです。これを引ければ引けるほど、課税のもととなる課税所得が少なくなる→安くなるということになります。


私の場合、基礎控除38万円(だれでも受けられる基本的な控除)+社会保険料控除511943円(会社から天引きされている健康保険料の額)=891943円となります。生命保険、寄付金等あれば、ここからそれぞれ決まっている計算式により、控除ができます。


④課税所得を出す。


2362400(所得)−891943(所得控除の合計)=1470457円(課税所得)


⑤課税所得に所得税率をかける。


税率は、課税所得の金額によって決まっています。〜1949000円までは5%をかけると決まっています。


1470000円(課税所得を千円未満切り捨て)×5%=73500円


復興特別所得税というのもあります。上記所得税額の2.1%が上乗せされます。


73500円×2.1%=1500円(100円未満切り捨て後)


よって、所得税額は、


73500円+1500円=75000円


と確かになりました。普段なんとなく、所得税引かれてるなあくらいしか思わない人も多いのでは?順を追って計算をすると意外と簡単です。


ちなみに、追加で生命保険料(年末調整で出さなかった)と、寄付金(野鳥の会)の合計控除額8022円をさらに引くと、源泉徴収税額は74600円となり、たったの400円しか還付にならないようです。悲しかな。



海外旅行で経験したトラブル

海外旅行には、予測不能なことが起きる事がしばしば。私が経験したトラブルを書いていきます。

 

マチュピチュに行く途中、鉄道の線路が崩落し、先に進む事が出来ず、バスでの振替輸送となったこと。

 

ポートランドにて、乗っていたバスが電柱にぶつかって事故を起こしてしまったこと。

 

○露店の牛串を食べたら、おなかを壊し、下痢になってしまったため、観光どころじゃなくなったこと。

 

○年末ニューヨークのニューイヤーイベントの前日に38℃の高熱と、謎の節々の痛みが発生し、寝込んでしまったこと。

 

Googleマップのとおりに駅に向かったところ、駅がなかった。現地の人に聞いたら、なぜか駅がないのにここを勝手に案内してしまっている、迷惑しているとのことだった。グーグル側に言ってはいるが、改善されないとのこと。早く空港に行かないといけない時間だったので、ぎりぎりの到着となり、危なかった。

 

○ローマでは、空き缶ならぬ、ワインボトルが道に落ちていた。

 

○旅行から帰って来て、家に到着したとたん、東日本大震災。時差ぼけの影響でゆらゆらしているのかと思ったら、リアルに電柱が揺れていた。

 

地震の影響(東日本大震災とは別)で、帰りの電車が運休。ホームは大混乱。

 

○飛行機乗り換え待ちの間に、鉄道に乗って、観光に行ったら、予想以上に時間がかかってしまって、帰りの飛行機に遅れそうになったこと。

 

○一口しか手がつけられないほどのまずいラーメンがあった。

 

○街中で銃声が聞こえた。

 

フィンランドで予想以上の吹雪の中、スーツケースをガラガラひきながら10Kmほど歩くはめになった。

 

他にもいろいろ挙げるときりがないですが、(トラブル?とは言えないものもありますが)海外旅行にトラブルはつきもの、ということですね。

 

 

 

 

ようさん的一人旅海外旅行計画の立て方

今まで数多くの海外一人旅をこなしてきました。ヨーロッパのメジャーな都市からマイナーな都市、南米、北米といろいろ周りました。

 

いろいろ旅行する中で困るのが旅行計画を立てること。友達とかと行くならまだしも、海外一人(ぼっち)旅となると何もかも自分で考えないといけません。

 

海外旅行は選択肢が多いので、なかなか自分で決めていくのは難しいのかもしれません。

 

そんな人たちのために、自分が経験してきた中で確立してきた簡単な旅行計画の組み方を書いていきたいと思います。※一箇所を深く旅する計画です。

 

○旅行計画を立てるまで

 

①まず計画を立てる前に基本的なルールを立てておきます。

 

1.危険な国へは行かないこと

いまはどこいっても必ず安全な国はありませんが、できる限り安全そうな地域を選択しましょう。外務省のホームページ等で危険度は調べられますので確認してください。一人で行くというからには、周りの家族、はたまた日本中に迷惑をかける可能性があることを必ず念頭におきましょう。

 

2.お金をけちらないこと

この旅行計画は楽しく安全に海外一人旅を終えるのが最大の目的です。ゆえにバックパッカー的な旅行とは違います。贅沢をする、ということではなく、ある程度の宿をチョイスしてください。タクシーも安全な高級タクシーを利用すること。

 

3.日程を盛り込みすぎないこと

一人旅では大なり小なり予測不能な事態がほぼ毎回発生します。また、なれない土地、時差などの要因で、疲れがたまりやすいので、行く場所はせいぜい数箇所にとどめておくべきでしょう。

 

4.お土産は買わないこと

自分のものを買うのはいいですが、人にお土産を買うとなるとそれだけに時間をとられるし、荷物も増えます。できるだけ人に言ったりしないでひっそりと旅立ちましょう。

 

5.SNSはしないこと

SNSに写真をアップすることばかりを考えて、現地の空気を十分味わうことができません。今いる場所を大切にしましょう。

 

②以上のルールを念頭におきながら計画を立てます。

 

1.行きたい場所を決める

予算よりもまず行きたいところから確定しましょう。だいたいの運賃はいくらなのか調べてみます。エクスペディアというサイトで調べると、分かりやすくでてきます。意外とこんなもので行けるんだ!というのが分かると思います。あとはググったりして、自分の心が揺さぶられたところを選びましょう。

 

2.日程を決めて、航空券を買いましょう(パスポートを持っている前提で話しています)

日程を決めてしまえばあとは行くだけです。エクスペディアのアプリでそのまま買えます。

 

3.地球の歩き方を購入する

旅行計画は、すべてこの冊子を中心に立てましょう。毎日眺めることで、できる限り広く浅くインプットしておきます。

 

 4.それぞれの日程で宿を決める

宿は中流くらいのものを選びましょう。立地はなるべく駅や中心地に近いところ。歩き方を見て、泊まりたいなーと思う宿を選びます。連泊しましょう。(移動の手間を省く)そして、宿のホームページから直接予約をします。(英語が苦手でも、頑張ってトライしてみてください。そんなに難しくないことが分かるはずです。)

 

5.食事を中心にまずは考える

宿が決まったら、朝昼夜のレストランを決めます。バランスよく、いろんな食文化に触れられるように考えましょう。結局のところ、旅はご飯食べたり、酒を飲んだりしている時が一番楽しいはずなので、重要ポイントです。

 

6.食事をする場所の付近から、面白そうなスポットを見つける

ここで、行く場所をようやく決めます。食事する場所の方角に何か楽しそうなストリートがないか歩き方でリサーチします。午前2箇所、午後2箇所がよいとこでしょうか。

 

7.自宅から空港までいく手段と帰る手段を決める(国内)

まず空港までは早めにたどり着けるよう時間を決めましょう。乗り換え案内アプリで確認し、オーバーなくらい早く到着するように計画すること。帰りも家までのルートや時間を確認しておく。地震で電車が止まったりすることもあるため、念のためバス手段も確認しておきましょう。家に帰るまでが旅行です。

 

8.ポケットワイファイをレンタル予約しておく

これは必須。グーグルマップを使ったりすれば、効率よくまわれるので、借りましょう。空港で、レンタル、返却できます。

 

○その他

私は毎回ランニングシューズとウェアを持っていき、早朝にランニングをします。ローマのコロッセオをランニングしたのがすごく思い出に残っています。現地人になった気分です。ようさん的一人旅は住むように過ごすのがポイントです。疲れたら宿に戻って、休んだらまた外に出る、そのくらい気楽に過ごす旅が本当の意味でリフレッシュになるのではないでしょうか。次ここいって、次あそこいってというのはあまりに忙しすぎるし、ただ多く周るだけの旅は疲れますからね。あとはよく行く博物館とか美術館とか行っても、分かっているつもりして、実際全然よさが分からない感性であれば、素直に行きたいリストからはずしましょう。自分が本当にわくわくするところだけ行けばいいと思います。道中も思いがけない場所もあったりするし、その辺はしっかり感じ取りながら歩きましょう。

 

以上参考になれば幸いです。一人でも多くの人に、海外一人旅の魅力を感じてもらえればと思います。自分で計画を立ててある程度予定通りに行って帰ってくるというのは非常に充実感がありますよー。

 

 

 

 

 

 

トレランはそれほど過酷ではない

私の趣味はトレラン。かたくいうと、昔からある山岳レースですね。5年前くらいから始め、大会には毎年1、2回は出場しています。(少な!)

 

 

始めたきっかけは、NHKでやっていたトレランレースのドキュメンタリー。確か何日かに分けて数百キロもの距離を競うものだったと思います。当時、そんなレースの存在も知らなかった私は、世の中にこんな過酷なマラソンもあるのか!と画面に釘付けになり、足をつらせながら必死にゴールへと向かう選手たちに魅了されました。

 

 

私は体力的には、運動神経はなんでもスポーツはまんべんなくできるが、飛び出てすごい才能はありません。中学生のころは学校のマラソン大会で上位に食い込む程度のレベルで、高校からはだらだらと軟式野球をやって、大学では音楽をやって、マラソンのたぐいとは到底無縁の生活を送っていました。ただ、20代でなにもしなければ、きっとこのまま太って、だらしない人間になるだろう、ということを予見していたので、身体に無理の無い範囲で、ジムに行ったり、ランニングをしたり、体幹トレーニングをしたり、体型と体力はそこそこ維持してきました。おかげで、30手前となった今も、中学時代と変わらない見た目を保っています。(見た目は子ども、頭脳は大人)

 

 

 

もともと運動は嫌いではないので、とりあえずトレランの大会を早速ネットで探してみました。調べてみると、様々な距離の大会があり、体力に合わせて選べるようになっていて、最初は神奈川某所の20kmに出場することにしました。ロードでもマックス10キロしか走ったことないのに、です。

 

 

 

初めて出場した大会はというと、天気は大雨。開催も危ぶまれるかと思ったレースでしたが、安全上山に入らず、ロードだけ、ということになり、アスファルト20キロを延々と走っていくだけとなりました。ほんとただのマラソンになってしまったわけですが、それがそれが!坂だらけ(まるで箱根駅伝の坂)で十分にきつい思いをしたので、終わった後に、山が入れなくて良かったーと安堵したことを覚えています。と同時に自分の体力の無さに気がついたので、ある意味恵みの雨となった、最初のレースでした。

 

 

 

 

最初の大会の反省を生かし、数ヶ月後の大会では、まずは手始めに13kmのレースに出場することにしました。ロード率が少なくほとんどが山。当時は普通のマラソンシューズで出場するという、かなり山をなめたスタイルでした。結果、靴のソールが薄く、でこぼこがダイレクトに足にきて、後半の数キロで足がつってしまいました。最後の下りはとても情けない走りとなったのですが、なんとかゴールをできました。初めての山となったわけですが、ゴールして初めて、トレイルランの醍醐味が分かりました。普通のマラソンとは違う達成感。なんというか冒険から帰って来た感がすごくいい。もっと長いレースに挑戦をしたいと思うようになったのです。

 

 

 

以降、40キロのレースに参加すべく、トレーニングを積む事にしました。まずは、トレランの靴は買って、それを履いてランニングをしたり、トレイルランに使うような筋肉を鍛えていきました。(それほど過激にはやっていませんが)

 

 

 

で、1年後の大会。ウェアから何から以前にもまして万全にし、足にはがっちりテーピングで保護をして、レースに臨みました。結果としては、ペース配分を誤ってしまい、後半はばててしまったのですが、なんとか真ん中くらいの順位で完走することができました。この40キロを達成したことにより、何か自分でも小さな自信が芽生え、人生においても、プラスに捉えられるようなマインド変化がおきました。あれだけの苦難を乗り越えたという自信。身体的にも意外と全身を使うので、なまった身体にムチを入れる事ができます。それ以降、人生、体力のリセット、という意味で毎年同じ大会の40キロに出場しています。(大会が発足してからずっと)

 

 

 

トレイルランはやってない人に話すと、過酷だね、とか俺にはできない、とか言う人が結構いるけれど、出場してみると案外できてしまうものです。当然全部走ったら大変ですが、普通に歩くところは歩きます。自分のペースで、時には山々を眺めながら、虫に刺されながら、栄養補給しながら進んでいくレースです。(一部の速い選手を除いて)ある意味高速ハイキングといったところでしょうか。不整形な下りを全力で下っていく爽快感とゴールした後の達成感というのは出場してみないと分かりません。ちょっとでもトライしてみたいけど、足踏みしている人は思い切ってまずは数キロ程度のものに参加してみることをおすすめします。全部歩いたって構わないし、気軽な気持ちで参加をしてみましょう。(とはいえ、山が危険なのは当然なので、しっかりした装備で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽井沢に行ったらスーパーツルヤは外せない観光スポット

軽井沢に観光といえばどこを思い浮かべるでしょうか。多分多くの人は旧軽井沢銀座とか、アウトレットとかそのあたりをまず行かれるかと思います。

 

そういったメジャーなところの他にも、必須の観光スポットがあります。それは、ツルヤ軽井沢店です。

 

ツルヤというスーパーは長野県に住んでいる人であれば、必ず知っているようなメジャーな場所です。長野県民の日常的なスーパー。

 

その数ある店舗の中で軽井沢店においては、品揃えが半端ないです。別荘族が利用するためか、そういったグルメの層が満足できるようなラインナップとなっております。

 

ここは、行ってみると分かりますが、とにかく品揃えのクオリティーが高い。庶民レベルの食材から、こだわりの品、マニアックな物、輸入物など、様々な客層を満足させるような物が数多く売っています。

 

そして、驚くべきが、店員とレジの数。お客さんもいつ行ってもいっぱいですが、店員、レジが多いので、対応が早い。しかも接客の質が高い。こんなにいつも賑わって活気のあるスーパーはなかなかないのではないのでしょうか。この人の多さも見所のスーパーです。

 

数多くの品揃えの中でももっとも注目すべきは、「ツルヤオリジナル」というツルヤブランドで出している商品です。パッケージにツルヤオリジナルと書いているので分かると思います。

 

このブランドのものを私は色々とトライしましたが、ほぼ間違いなく美味いものばかりです。その中でもおすすめなのは、ヨーグルト、4種のチーズピザ、みそラーメン、ジャム、野沢菜あたりでしょうか。(今ざっと思いついたもの)

 

とにかく毎回オリジナル系を色々試してみて、美味しいものを発掘することがツルヤの楽しみ方かと思います。もちろんお土産にふさわしいものも沢山あるので、軽井沢に行く事があればぜひ寄ってみてください。ここだけを目的に遊びに来ても十分に楽しめると個人的には思います。

地方暮らしの楽しみ方

私は地方に住んでいる人間です。地方といっても、市ではなく郡部、なので小さな町です。

 

都会によくある大手チェーン店は一切ないです。品揃えの少ない小さなスーパーと小さな本屋くらい。(でもなぜかコンビニが沢山ある。)

 

だから、市のレベルのシティでさえも、私にとっては都会です。ある程度便利なところに住んでいる人にとっては、私の住んでいるような田舎でどうやって暮らしているのか、実態が分からないと思います。

 

私自身、中核都市、大都市など、あらゆる大きさの自治体に住んでみたけれど、正直どこも住めば都だと感じています。良いところもあれば悪いところもある。結局のところ、そこでの生活を楽しめるかどうかはマインドとか遊び方のセンスの問題なのかなと思います。

 

田舎は、遊ぶところが無い、と短絡的なことを言う人は多くいることでしょう。確かに物理的には何も無い。都会は、黙っていても面白いことがやってきます。沢山のイベントや、楽しいお店など、外にでればなんとでもなる。だから、そういった何かがやってこないと楽しくない、遊べないという受け身のスタンスで地方に来てしまうと、田舎はつまらないという結論になります。

 

では、田舎でどう楽しく暮らしていくのか指南をしていこうと思います。

 

まず、交通の面ですが、車は必須。これは間違いないです。ここをクリアできないと正直暮らしは厳しいです。そもそも電車は存在しないものと思う事。電車でどっかいくとかそういった概念はありません。車なんかは、今軽自動車は燃費もよく性能もよいので、大して維持費はかかりません。

 

次はアクティビティの面ですが、地方には、大抵近場にキャンプ場や、温泉地、山々など、自然が多くあります。こういった自然につながる遊びを中心にとらえると楽しむ事ができます。山なら登山にいったり、トレイルランなんかをやってみるのもいいかもしれません。キャンプも頻繁に行けるので、道具を揃えて出かけるのもすぐにできます。私自身も、土日では到底予約の取れないキャンプ場(自宅から車で30分)に有給を取って日月で泊まって、キャビンで妻とクリスマスパーティーをしました。星空を眺めたり、鶏の丸焼きをしたり、新鮮な過ごし方をすることができました。夏になればトレイルランニング、週1バーベキュー、冬はスノーボードで毎回違うスキー場を巡ったりしながら過ごしています。また、町内が一大温泉地ということもあるので、居ながらにして、ホテルや旅館に泊まったりすることもあります。宿によっては格安のデイユースプランというのがあり、日帰りで温泉に入って、美味しいご飯を食べて、部屋でゆっくり過ごせます。夜は家に帰って寝ます。

 

食事の面では、地方においては、車でしか行けないような名店が実は多くあります。そこを目指してドライブをするというのも結構面白いです。都会のように電車に飛び乗ってすぐにたどり着けるようなものではないので、ようやく着いて食べるのは格別の喜びです。え、こんな所にお洒落なカフェが!とか案外探すとたくさん見つかります。食べログで、地域と食べたいものを入力して、評価が3.4〜あたりを目指すと大体美味しいです。リピートしたくなるような店は、いつかの遊びの目的に組み込みます。お店のストックを増やしておくと、毎年行くのが楽しみになります。道中も寄り道なんかをして、新たなスポットも発見出来ます。

 

普段の生活においては、地方の会社の多くは(おそらく)仕事は残業がないので、大抵5時台には毎日帰宅します。そこから私は夕飯を作ったりして、妻と一緒にのんびり食事をします。夕食後は、本を読んだり、楽器を弾いたり、勉強したりと色々こなしてもなお時間がありあまります。10時台には就寝します。週末は、DIYで家をいじったりすることが多いです。(R不動産ツールボックスというサイトでよく資材を仕入れます。おすすめです。)

スーパーは車で一時間かけて行きます。週に一回の買い物にしているので、献立をしっかり組み立てて、一気に買います。そのスーパーは品揃えも多く、充実しているので、楽しんで買い物をしています。このサイクルに慣れると以外とメリハリのある買い物になっておすすめです。

 

田舎は外部からの刺激が無いので、こういったなんでもないような日常を十分に味わう姿勢が大事です。生きていくために必要なもの、ことをすべてありがたく味わえる感性、それが備わっていなければ、田舎では暮らしていけないと感じています。

 

結婚式をしないで、ポートランドでフォトシュートしてきた話。

今年の夏、新婚旅行でポートランドへ行ってきました。行き先としてはかなりマイナーな場所ではあるけれど、私自身は訪れるのは、2回目となる場所。なぜこの地を旅行先にしたかといえば、観光地というより、住むようにのんびりできる、不思議な雰囲気をもった場所だからです。シティの大きさも、街の喧騒も、何もかもほどほどでちょうどいい。クリエイティブな若者が沢山住んでいて個性溢れるお店もあり、近くにありえないほどスケールの大きな自然もあり、バランスがとれている。

こんなシティで結婚の記念にフォトシュート(撮影会)をしたい、と思い、現地のフォトグラファーに頼みました。

そんなサービスポートランドにあるのか、って思っていたけれどありました。ぐぐってみると見つかります。(ここでは言及しませんが)


妻はドレスを着て、私はジーパンにシャツとジャケットとラフな格好で撮影に臨みました。


撮影場所は主にダウンタウン周辺。撮影費用は10万円程度。だいたい撮影時間は4時間ほど。


妻は現地で手配してもらったアーティスティックな花束と花冠を使いました。メイクもしてもらい、いざ撮影。


撮影場所は、まずミシシッピAVEの小さな可愛い花屋さんをお借りしました。お洒落な植物に囲まれながら、指示されたポーズを取り撮影。行き交う現地の人たちにも祝福されたり写真を撮られたりと、良い雰囲気でした。


その後は、外の通り道や、ハイウェイの高架下、ウォーターフロント周辺、パールディストリクト、ACE HOTELのロビーなど、様々なポートランドらしい場所で撮影してもらいました。


なにより、夏はポートランドのハイシーズンなので毎日晴れて、写真撮影にはベストな天候でした。



結婚式は無し、旅行先でフォトシュートでも全然悪くないなと思います。この先何年経っても恥ずかしくなく見られる写真仕上がりで、夫婦お互い満足な旅行となりました。


興味のある方はぜひトライしてみてください。